新作 真夏のエチュード

毎年8月になるとベランダで落蝉を見つけます

短い夏の蝉を見ていると追悼したくなり両手でそーっとすくい上げました

まだ、仲間達の演奏は終わっていません。再び奏でてほしくて作品は、羽は生まれた時と同じ緑かがった乳白色。その羽には透明水彩の薄い銀色を流し込み陽が当たった時に輝きます

この蝉はバイオリニストです。奏でる曲はヨハン・パッヘルベル作曲「カノン」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

結婚式